声の活動についてや日頃感じたことなど気ままに
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
【月1観劇】劇団イナダ組「亀屋ミュージック劇場」を観てきました【感想】
お久しぶりです、日沼です!
明日は江差追分の選考会!
心穏やかに迎えることが出来たことが、一番嬉しいです!
生きてるとなんやかんやありますが、平和が一番ありがたいなぁとしみじみ思う年になってきました(笑)

では、さっそく感想です!
遅くなってしまいましたが、5月の観劇分でございます!
 
 

劇団イナダ組
「亀屋ミュージック劇場」
作・演出:イナダ 
会場:生活支援文化施設 コンカリーニョ


いつかイナダ組のお芝居を観たいとずっと思っていました。
やっと叶った!
なんとタイミングのいい事に、主演が水曜どうでしょうで御馴染みの藤村D!嬉野Dもご出演!
これを観た瞬間、これは運命だと思いました(笑)
高校時代、まだモジャ毛の現役大学生だった大泉さんを毎週水曜、爆笑しながら観てきた”どうバカ”な私得!

ま、そんな前置きは置いておいて。

水曜どうでしょう関係なく、亀屋ミュージック劇場のお話の内容を読んだ時、観たくてたまらなくなりました!
藤村Dも嬉野Dも好きですが、芝居となれば、芝居の内容が面白そうでなければ観ようとは思わなかったです。
チラシを読んでとても面白そうだったので、迷わず決めました^^

話の舞台は古き良き時代の日本。
ストリップ劇場である「亀屋ミュージック劇場」。
劇場の人々が織りなす、人情劇。

まずですね、出演されている俳優さんが、一人残らず個性的で、一人残らず印象に残っています!
これって凄い事です!
演出家さんの配役が上手いというのもありますね^^
個人的に女優さん達が全員大好きになりました!
あんなにも素敵な女優さん達が地元にいるんだなって思うと、誇らしく思いました。
私の地元の演劇、レベル高いんだなぁって!

藤村さんは声がもともとイイので、舞台でも映えるかと思いきや、今回は役を演じているので、まったく違ったお声でした。当たり前なんですが、芸達者な人なんだなぁとしみじみ。
嬉野さんは、すごく……素敵でした///

出だしからもうかっ飛んでいました。
踊り子つばきのう○こが出るんだか出ないんだかでドタバタ(笑)
舞台芝居って、最初が肝心なんですよね。
私はどちらかというと、徐々に集中していくタイプなのですが、最初から掴まれました。
あぁイナダさんって凄いなぁって思いました。
見事に最初から掴まれた私は、すっかり夢中でした。
アドリブに役者さんが心の底からこの芝居を楽しんでいらっしゃるのが伝わりました。
印象に残ったシーンを全部書くと長くなるので、以下箇条書き!

・つばきさんの迫力ある芝居が好き。説教シーンは笑った!
・百瀬は最初は好きだったけど、途中からなんだか気持ち悪くなって、情けない男だなぁって嫌悪感が出て来た。これは武田さんのお芝居が上手いから。だって最後に色々わかった時、泣きそうになったもの。けど浮気はダメだよー!
・ローズ姐さんの気風のいいこと!あんな女性に憧れます。かっこいい生き方をしている女性だなと。金より人情。ほんと素敵だった!
・赤矢はもうwww最後までwwwいいキャラすぎてwww突っ込みどころ満載すぎるんだけどとにかく大好きですwww赤谷さんのお芝居が個人的にとても好きでした!いいなぁ!ああいう芝居出来る人ほんとに羨ましい!!
・リリー姉さん……もうね、ラストのシーンで涙目になりました。愛した人と、愛するからこそ別れを選ぶ姉さん。ほんともう切なくて。姉さんの強さが眩しかった。生き方が最後まで眩しかった。
・そして最後に、主役のツル松!周りの役者陣が上手いのもあって、少し押され気味かなと最初は思いましたが、人間らしい弱さを持ちつつ器の大きいツル松さん、とても良かったです。

以上、感想にもなっていないただの備忘録になっておりますが、間違いなく心には残る作品でした!
心に残った部分は、自分の中で感じとって自分の表現に生かしていきたいなと思います!

 


実は昨日、柳家喬太郎さんの落語を観てきましたので、その感想も後日書こうと思います!

なお、現在のお仕事の状況は、1件提出済み、1件準備中となっております。
ご相談等ありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませー!




 
- comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>