声の活動についてや日頃感じたことなど気ままに
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
【月1観劇】コンカリーニョさん、10周年おめでとうございます!【だったはず感想】

 

月1のつもりが、全然月1行けてない><

今年の反省です;

2か月に1回のペースくらいだったのかしら?

来年は月1を目指します!

ちょっと振り返ると

 

1月:「悪い天気」(途中から入場してしまい、自分の中でカウントしてません)

2月:「愛の顛末」

3月:✖

4月:「サウンド・オブ・サイレンシーズ」

5月:✖(大会あり)

6月:柳家喬太郎 独演会

7月:「四谷美談」(大会あり)

8月:✖(発表会あり)

9月:✖

10月:✖(大会、発表会あり)

11月:「身毒丸」

12月:「ちゃっかり八兵衛」

 

こんな感じでした。

3月と9月、どうして行けなかったのかしら??

来年こそはコンプリート目指します!

 

では、今日観てきたお芝居の感想をば!!

 


 

 

「ちゃっかり八兵衛」

脚本・演出:南参

会場:生活支援型文化施設 コンカリーニョ

 

 

会場5分後、既に席が半分以上埋まっていて驚きました!

スタッフさんがまるで居酒屋の店員さん並、いやそれ以上に元気いっぱいに誘導してくれました。

しばらくすると、演出の南参さんが登場。

これまた素晴らしい前説!

既に舞台は始まっているような雰囲気で、会場のお客さんの心を掴んでいました。

とても自然体でいて、お客さんの反応をしっかり拾いつつ、笑いも呼び起こす。

これまでこんな芝居の前説見たことなかったです。

ここで私はすっかり南参さんのファンになってしまいました。

 

とにかく面白くて、書ききれないので、ざっくりと感想を。

 

開幕。

最初からカッコイイ殺陣のシーン。

もっと見たかったけど、忘れちゃいけない、この物語はあくまでもコメディ。

台詞のテンポが良く、ちょっと最初だけ台詞が流れてしまっている印象を受けました。

けれど、役者さんたちのコミカルなお芝居が安定してくると、笑いっぱなしでした。

丹波屋の若旦那、襖をスパーンっと開けて、赤のバックライトで出てきた時、私のテンションが一気に上がりました(笑)あぁいう演出大好き(笑)

それから、一緒に心中してくれと迫る遊女おそめと、八兵衛の本気相撲(笑)

八兵衛役の小林エレキさんは「千秋楽こそは」とおそめ役の深浦佑太さんを倒しにかかるが、「体力やばい」と言いながらもおそめ姐さんの勝利(笑)

板前の新吉と大工の熊五郎の息の合いすぎてる芝居にはお腹を抱えて笑いました!

廊主人の幸兵衛はオネエ口調だし、寅蔵親分なんで完全にタイ◯ースファンの格好だし(笑)

大倉内役の棚田満さんは声がカッスカスで、大丈夫か心配になったけど、話が進むにつれ回復してた(笑)

紅一点の姉御を絵に描いたような季里役の榮田佳子さん、肝が座っていてかっこよかった!!

若手さんの大石息子役の佐久間泉真さん、最後の爽やかな笑顔が忘れられない(笑)

 

もう本当に楽しくて楽しくて、DVD発売しないのかなって思ってます!!

 

あとね、最後の最後で白髪老人とそのお供にやられました(笑)

 

長流3平さん、明逸人さん、そして深浦佑太さんは、なんと1人で4〜6役を演られていて、役の振り幅がすごかった!!どの役も印象に残りました!これは本当にすごいとしか言いようがない!

 

もう一回観たいです。千秋楽を観たけど、別日に先に観て2回目に千秋楽観れば良かった〜。

 

全体的に人を楽しませることに徹底していたように思います。

まさにエンターテイメントな舞台。

老若男女全ての人が楽しめる舞台。

これぞ演劇の醍醐味!

観劇後、とても楽しい、清々しい気持ちで劇場を後にしました。

 

あぁ、地元には素敵な役者さんがこんなにいらっしゃったんだなぁと、しみじみ。

個人的に追いかけたいなと思える俳優さんたちに出会えたことに感謝!

スタッフの皆様、本当にお疲れさまでした!

今年の見納めがこの舞台で本当に良かったです!

 

- comments(0) -
【月1観劇】カメイケンさんの「身毒丸」を11月に観てきました【語彙力ください感想】

 

だいぶお久しぶりです!日沼です!生きてます!!

いろいろなあれこれが終わり、気がついたら師走でした;

書かなかった間、声のお仕事も民謡の方も、おかげさまで順調でございます。

ありがとうございます!

年末にでもいっぺんに声のお仕事の宣伝をさせて頂こうと思います!

Twitterでは随時していこうと思っておりますので、よろしくお願いいたします!

 

では、今更ではありますが、11月6日(日)に、観劇してきましたので、感想を・・・。

 


 

 

カメイケン3つの独演会その3「身毒丸」

脚本:寺山修司

演出:村井雄(開幕ペナントレース)

会場:演劇専用小劇場BLOCH 

 

 

出だしから、カメイケンさんエネルギー全開で、一人で芝居するというのに、最初からこんなに飛ばしたら倒れてしまうのでは?と心配になった。

けれど、これがカメイケンさんという俳優さんなんだと思った。

全ての表現に魂を削って挑む、そんな俳優さんだなと思った。

出だし、カメイさんの股間からジョアが出てきた時に「あれ?これは身毒丸だよな?(笑)」と吹いてしまった。

けれど、舞台の幕が上がると、恐怖にも似た興奮を覚えた。

これは、一体・・・と思うような、異様なまでの舞台美術。

とにかく怖かった。異世界に自分まで入ってしまうような気がして。

そしてカメイさんの眼。

役によってくるくると変わるその眼は、少しでも足を滑らせると、狂気に落ちてしまいそうだった。

こんなにも、全身全霊をかけて芝居をする俳優さんがいたなんて、知らなかった。

身震いした。

私も、そうありたいと思いました。

うまくやろうとか、綺麗に見せようとか、そういうものを全部取っ払って、ただただ役に、表現に生きる。

カメイさんの生き様を見せつけられた気がしました。

もう、どう言葉で表現していいのか、私の語彙力がなさすぎて申し訳ないのですが、

 

東京公演、おめでとうございます!!

 

- comments(0) -
【月1観劇】劇団yhsさんの「四谷美談」を7月に観てきました【今更感想】

気がついたら9月も半ばでした……どうも、お久しぶりです、日沼です。

とても元気にやっています。

いろんな事がたくさん起きていて、もう毎日が幸せです!

ちょっと思考を変えただけ、生涯の1冊で出会えただけで、こんなにも毎日良い事ばかりになるなんて

正直驚きながらも、どこかで納得しながら過ごしております。

この話は書くと長くなってしまうので省略!

 

以下、タイトルの通り、だいぶ遅くなってしまいましたが、観劇感想です!

 


 

劇団yhs「四谷美談」

脚本・演出:南参

会場:生活支援型文化施設 コンカリーニョ

 

 

美しく悲しい、贈(憎)愛の物語。

物語は、現代。

何か起こる度、スマホでつぶやいてはリツイートを繰り返す。

その裏で起きている真実を、想像したことがありますか?

何気なくリツイートしている事件にも、もしかしたらこんな、想像もつかない真実があるのかもしれないなと思いました。

 

飽きることなく見ていられました。

集中出来るというだけで、脚本としてはとてもレベルが高いものなんだろうなと思います。

すみません、映画ならなんとなくわかるのですが、演劇の台本についてはまだ知識も知っている量も少ないので、なんとも上手く言葉にできなくて;

ただ、ちょっと気になったのが、せっかく登場していたキラの社長さん。

キャラはすごくいいのに、バストもヒップもすごくいいのに(ごめんなさいwけどすごくいいお尻だった……!!)物語の中にあまり関係ないような気がしてしまいました。

私がきちんと把握出来ていなかっただけかもしれませんが……。

キーとなったのは専務さんだけだったような。

ちょっともったいないなと感じました。

個人的には左門が気になりました。みんなが愛し尊敬したその人物が気になります。

回想でも良かったので、ワンシーンを見たかったです。

何故、若手達がここまで左門を慕い尊敬していたのか。

そこを少しでいいから見たかったな。

梨園周りの人間関係はわかりやすかったです。

ただ、やっぱりキラコーポレーションの社長がもったいない。

あと、今回の私のイチオシは、Yesドクター!!!!

高○クリニック!!!!

Yesドクターが面白すぎて、もうお腹抱えて笑ってしまった(笑)

完全に出オチキャラなんだものwwwあれはズルいwww

もっと見たかったです(笑)しばらく真似してしまいそYes!(笑)

市場ひびきさん、良い役者さんでしたYes!

 

後半、伊右衛門がもうかっこよくてかっこよくて。

刀を持って佇むその姿だけで絵になるという……ああかっこいい。素敵。小林エレキさん、本当にかっこよかったです!!

伊右衛門は、芯があって冷静で、深い深い愛情の持ち主。

あんな人に愛される祝さんは幸せなはずなのに、けれど祝さんはDV男の与茂七を愛し続けているという……いやいやいや、伊右衛門さんにしておきなって!!と、何度心の中で叫んだことか(笑)

どうして、伊右衛門がそこまで祝を愛していたのか、不思議でした。

確かに祝は美しいけど、どうしてそこまで愛せたのかな、と。

やはり子どもの頃から恋していたとか、そういう描かれない「これまで」があるのかな、と想像しました。

祝さん、包帯をしていない方の目に、一瞬恐ろさを感じる場面がありました。

本当に四谷怪談に出てくるお岩さんのようだった……。

 

終盤あたりは、もう、切なくて涙目になりました。

伊右衛門の愛の深さと、一途さに。

最後まで祝さんは、DV男を愛してしまっていたけれど。

一時でも通じ合えて、本当に良かったね、伊右衛門さん。

その後、按摩さんに「この先をまっすぐに行け」みたいに伝える時の、涙声の伊右衛門さんに、ああこの人は、なんて強い人なんだろうって。

これまでずっと、様々な感情を理性で抑え込んできたんだなって、全て祝さんのために。

祝さんがいなくなって、もうその必要がなくなったのかなって。

いっそDV男を切ってしまって欲しかった。

祝さん……あなたどうしてあそこで出てしまったの……orz

ラストはちょっとストンとは落ちない感じがしました。

結局、与茂七は、左門になりたかったんだろうなと。

そんなの、ずるい。

もしそうなら、そんなのズルすぎる。

なんだかシコリの残るラストでした。

 

帰りの車の中で、胸が苦しくなりました。

これはきっと、伊右衛門さんの感情なんだろうなと思いました。

愛する人と結婚したのに触れることも出来ず、ほんの少し通じ合えた後目覚めたら、そこには魂のない抜け殻の遺体……悲しすぎる。

 

四谷怪談と違い、こちらの伊右衛門さんを、私は愛しています。

 


 

 

唄の大会、三味線の発表会などなど、目白押しの今年前半戦、私のスケジュール的にはひと休みしております。

今週末は江差にて江差追分の全国大会が行われているので、本戦に出場できるようになったらまた9月も多忙に

なっていくだろうなと思っておりますが(予選で失敗して悔し泣きしたので絶対に2年以内に出ると決意を固くしました)

とりあえず今の私は9月は中休みの時期です。

 

10月は唄の発表会と割と大きめの唄の大会、そして何故かこの両方の場で、新しく師匠から出世払いで良いよと言われ格安で受け継いだ、まだ支払ってもいない立派すぎる津軽三味線を片手に、じょんがら節とアドハダリを弾かなくてはならないという状況でございます。どうしよう間に合わないどうしようと言いながら津軽三味線と悪戦苦闘する毎日です。

 

そして今日は、舌小帯形成術を受けてきました。

長年悩み練習で補ってきた劣悪だった滑舌が、少しは楽になったどころじゃなく、すごく楽になりました!!

これには自分でも驚いています。

もうずっとしゃべっていたい。けどまだ傷が痛い(笑)

 

季節の変わり目、皆さん風邪など気をつけてお過ごしください!

ちなみに私は、窓を開けて口をあけていびきをかいて寝たため、声帯が絶不調で今日職場で診てもらいました(笑)

冷たい夜風にはご注意を!(笑)

 

- comments(0) -
【月1観劇】劇団イナダ組「亀屋ミュージック劇場」を観てきました【感想】
お久しぶりです、日沼です!
明日は江差追分の選考会!
心穏やかに迎えることが出来たことが、一番嬉しいです!
生きてるとなんやかんやありますが、平和が一番ありがたいなぁとしみじみ思う年になってきました(笑)

では、さっそく感想です!
遅くなってしまいましたが、5月の観劇分でございます!
 
 

劇団イナダ組
「亀屋ミュージック劇場」
作・演出:イナダ 
会場:生活支援文化施設 コンカリーニョ


いつかイナダ組のお芝居を観たいとずっと思っていました。
やっと叶った!
なんとタイミングのいい事に、主演が水曜どうでしょうで御馴染みの藤村D!嬉野Dもご出演!
これを観た瞬間、これは運命だと思いました(笑)
高校時代、まだモジャ毛の現役大学生だった大泉さんを毎週水曜、爆笑しながら観てきた”どうバカ”な私得!

ま、そんな前置きは置いておいて。

水曜どうでしょう関係なく、亀屋ミュージック劇場のお話の内容を読んだ時、観たくてたまらなくなりました!
藤村Dも嬉野Dも好きですが、芝居となれば、芝居の内容が面白そうでなければ観ようとは思わなかったです。
チラシを読んでとても面白そうだったので、迷わず決めました^^

話の舞台は古き良き時代の日本。
ストリップ劇場である「亀屋ミュージック劇場」。
劇場の人々が織りなす、人情劇。

まずですね、出演されている俳優さんが、一人残らず個性的で、一人残らず印象に残っています!
これって凄い事です!
演出家さんの配役が上手いというのもありますね^^
個人的に女優さん達が全員大好きになりました!
あんなにも素敵な女優さん達が地元にいるんだなって思うと、誇らしく思いました。
私の地元の演劇、レベル高いんだなぁって!

藤村さんは声がもともとイイので、舞台でも映えるかと思いきや、今回は役を演じているので、まったく違ったお声でした。当たり前なんですが、芸達者な人なんだなぁとしみじみ。
嬉野さんは、すごく……素敵でした///

出だしからもうかっ飛んでいました。
踊り子つばきのう○こが出るんだか出ないんだかでドタバタ(笑)
舞台芝居って、最初が肝心なんですよね。
私はどちらかというと、徐々に集中していくタイプなのですが、最初から掴まれました。
あぁイナダさんって凄いなぁって思いました。
見事に最初から掴まれた私は、すっかり夢中でした。
アドリブに役者さんが心の底からこの芝居を楽しんでいらっしゃるのが伝わりました。
印象に残ったシーンを全部書くと長くなるので、以下箇条書き!

・つばきさんの迫力ある芝居が好き。説教シーンは笑った!
・百瀬は最初は好きだったけど、途中からなんだか気持ち悪くなって、情けない男だなぁって嫌悪感が出て来た。これは武田さんのお芝居が上手いから。だって最後に色々わかった時、泣きそうになったもの。けど浮気はダメだよー!
・ローズ姐さんの気風のいいこと!あんな女性に憧れます。かっこいい生き方をしている女性だなと。金より人情。ほんと素敵だった!
・赤矢はもうwww最後までwwwいいキャラすぎてwww突っ込みどころ満載すぎるんだけどとにかく大好きですwww赤谷さんのお芝居が個人的にとても好きでした!いいなぁ!ああいう芝居出来る人ほんとに羨ましい!!
・リリー姉さん……もうね、ラストのシーンで涙目になりました。愛した人と、愛するからこそ別れを選ぶ姉さん。ほんともう切なくて。姉さんの強さが眩しかった。生き方が最後まで眩しかった。
・そして最後に、主役のツル松!周りの役者陣が上手いのもあって、少し押され気味かなと最初は思いましたが、人間らしい弱さを持ちつつ器の大きいツル松さん、とても良かったです。

以上、感想にもなっていないただの備忘録になっておりますが、間違いなく心には残る作品でした!
心に残った部分は、自分の中で感じとって自分の表現に生かしていきたいなと思います!

 


実は昨日、柳家喬太郎さんの落語を観てきましたので、その感想も後日書こうと思います!

なお、現在のお仕事の状況は、1件提出済み、1件準備中となっております。
ご相談等ありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませー!




 
- comments(0) -
【月1観劇】弦巻楽団「サウンド・オブ・サイレンシーズ」観てきました【感想】
こんばんは!
つい数時間前まで着物でひーひー言っていた日沼です!
皆様、お元気でしょうか?
先月はスケジュールがどうしてもうまくいかず、
月1芝居鑑賞が出来なかったのですが、
今月はちゃんと行けました!
というわけで、以下感想でございます。
 

弦巻楽団(HP
#24「サウンド・オブ・サイレンシーズ」
(日本演出者協会主催、若手演出家コンクール2014最優秀賞受賞作品)
脚本・演出:弦巻啓太
会場:扇谷記念スタジオ シアターZOO

チケットを購入してからずっと楽しみにしていたお芝居。
行く途中からワクワクしてました。
何故なら、全国公演を行うだけじゃなく、上記にも書きましたが、
コンクール受賞作品なのです!

これで面白くないわけがない!という確信をもって楽しみにしていました!

ワクワクしながら劇場に入ってびっくり!

なんと、対面式舞台!!

どういうことかというと、


[観客席]

  舞台

[観客席]

このような構造になっておりました!
おおお!っと、ワクワクは高まるばかり。
舞台美術もまったく無駄がなく、シンプル。
なのに空間から不思議な独特の雰囲気を感じました。

期待に胸を膨らませてさあ開演!

……………。

……………。

……………。

え!?終わった!?
え!?もう!?

というように、本当にあっと言う間に時間が過ぎてしまいました。
私、かなり集中して観てました。
とにかく役者さんのお芝居が観客を引き込む!
よく舞台だと、台詞が舞台台詞になりすぎてて、誰に話してるの?って思っちゃうことがあるのですが、
完成度の高い、完全なる会話劇。
素晴らしいテンポ。そして繊細な感情表現。
声の表現に関わっていると、どうしても台詞の音やテンポから、その台詞に含まれる意味や感情を、
読みとってしまうので、舞台芝居を観る時は違和感を感じてしまうこともありました。
いやいや、本当に上手い役者さんっていうのは、台詞の扱いがまず上手い。
よく、俳優さんで声優をやるかたがいますね。
私の中で過去最高に尊敬したのは、夏木マリさん。
芝居がホントに上手い人は、声優やっても当然上手いんだと確信しました。夏木マリさん。
脱線しましたが、役者さんがそれぞれ個性的でキャラクターをしっかりと掴み役作りされていました。
だからこそ、夢中になれたのかと思いますが、それだけじゃない!
脚本が秀逸でした。
映画もドラマも、そして舞台も。
脚本って重要ですね。
会話劇ではあるのですが、台詞のひとつひとつに人物の人生と抱えている想いを想像してしまう。
このお話、若い子よりも私みたいに割といい歳(笑)の大人になっている人に好まれるかも。
そうそう、人生っていろんなことがあるんだよね。
大人になってわかる親と自分との関係とか。
この生き方が正しい!これが幸せ!って、そんなものはなくて。
その人が、その人らしく、納得して生きていけていれば、それでいい。

誰もが完璧じゃなく、何かを抱えて生きている。
その抱えているものが、実は自分の知らない所で、自分以外の誰かに影響を与え続けている。

そんなテーマを作品から感じました。

内に閉じこもってる人に対して否定的だったり。
先の未来を重んじた生き方をしていたり。
今の現実に満足しているふりをしていたり。
本当は複雑な気持ちを抱えているのに、人に流されやすかったり。
信じた人に裏切られて、それでもなお、人を愛したり。

人間の繊細で複雑な心の交流を描いていたと感じました。

ラストに「うわまさかやっぱりか!!」という終わり方で。
嘘でしょこの先どうなるの!?って
暗転の中次のシーンを待っていたら、終焉でした(笑)

なんとも言い難い感情が残り、消化するのに時間がかかりましたが、

あ、そっか。複雑なことも含めて、それでも人生は続いていくんだって。
単純にそう思いました。

感想になってないかもしれませんが、私がこの作品から感じたことは、「人生」でした。

あまりにも面白い脚本だったので、台本を買いました!

私も演じてみたい!と思って、一人で楽しんでます(笑)

とーっても刺激的な時間を過ごせました。

純粋に面白かったです!!
 

と、ここまでが感想です!
本当はあのシーンがこうだったとか、いつもなら書くですが、
この作品はそういう観方は一切しませんでした。
終始、登場人物たちの想いや感情を考えていました。
ほんと、行って良かった!!

続いて、声のお仕事に関してです。
更新が遅くなってしまっていたのですが、何件かWORKページに追加しております。
良かったら見て頂けると嬉しいです!

それでは、また!!
- comments(0) -
| 1/13 | >>